息子さんの汚部屋片付けのご依頼。

おはようございます。
広島からっぽ本舗スタッフです。

東広島市内のアパートへ、
不用品回収・汚部屋片付けにお伺い致しました。
緊急入院された息子さんの備品を取りに来たところ、
あまりの惨状に腰を抜かしてしまったそうです。
>ビックリしないように釘を刺されてはいましたが、
>これでビックリしないわけにはいきません!
と、お母様は動揺を隠せません。
この一年間、コロナの脅威と闘ってきた跡ですから、
敬意を込めてお片付けいたします。
お母様には病院に向かっていただき、
スタッフ2名で作業にあたります。
コンビニゴミ、ペットボトル、プラ容器、雑誌類と、
日常的に扱い慣れた回収品ばかりですので、
一時間ほどで回収できました。
退院後にも快適なステイホームをお過ごし頂けますよう、
ハウスクリーニングを終えたところで、
お母様がお戻りになりました。
幸い、息子さんのケガは軽傷ということで、
近日中にお帰りになられるそうです。

広島県内全域
不用品の回収
ゴミ屋敷・汚部屋の整理・片付け
遺品整理のご要望も
まずは下記フリーダイヤルにて、
広島からっぽ本舗までお問い合わせ下さい

カテゴリー:ご利用事例