夜逃げ物件を開けてみたら、空き缶屋敷。

おはようございます。
広島からっぽ本舗スタッフです。

広島市内のアパート・オーナー様より、
夜逃げ物件の整理・片付けのご依頼を頂きました。
家賃が未納のまま連絡がつかなくなってしまった、
住人の部屋を開けてみたらびっくり、
空き缶屋敷になっていたということです。
8畳1Kのお部屋ですが、肩の辺りまで缶の山です。
スタッフ3名で5時間ほどの作業になりました。
回収後に計量してみたところ、
アルミ缶・スチール缶合わせて300㎏ほどになりました。
それほど古い物ではなく、
ここ数ヶ月ほどのうちに集めたものと思われます。
事情があって「資源ごみ」の回収を始めたのでしょうが、
元気でおられることを祈るばかりです。

広島県内全域
不用品の回収
ゴミ屋敷・汚部屋の整理・片付け
遺品整理のご要望も
まずは下記フリーダイヤルにて、
広島からっぽ本舗までお問い合わせ下さい

カテゴリー:ご利用事例